兵庫を拠点として活動する一級建築士事務所です。

田村真一建築設計事務所

Shin-ichi Tamura Architects

省エネ性能の向上

1.省エネ性能向上の考え方と室内環境の改善

住宅の省エネ性能を向上させる方法は、断熱材、太陽光発電の設置など様々あります。

古い住宅の室内環境を効率よく改善するには、その住宅の特長を最大限生かす方法を検討します。

たとえば、エアコンのない時代の住宅は、通風に適したものが多く、それを生かす対応をします。

コストを考慮して、解体や工事が大掛かりにならない方法を選択することが重要です。

2.積極的な通風対策と間接光の取り入れ

エネルギーの消費は、エアコンを使用しない期間や照明を使用しない時間を、どれだけ確保できるかで大きく変わります。

敷地の特性を読み取り、住宅に入ってくる心地よい風を建物に駆け巡らせます。空気の特性を利用し、重力換気や風の通り道を確保することが重要です。

北側の窓からの光は、間接光なので部屋の温度は上がりにくいですが、適切に照度は確保でき、昼間の照明エネルギー消費を減らすことが出来ます。

ハイサイドライトとLED照明

通風を意識した

ルーバー

3.新しい設備の設置

古い住宅に新しい設備を設置することは、使い勝手や省エネ性能の向上ということでは効果的です。

電気配線や配管が現在のものに対応してない場合もあり、安全面からも見直すことが重要です。

ただ真壁や壁が少ない住宅は配線やスイッチ類、エアコンなど設置が難しい場合が多いです。構造体を傷めず目立たない方法をそれぞれ検討していきます。

また、LED照明や高性能の蛍光灯を適切に設置することも効果があります。

床置きエアコン

スイッチ類は

ふかし柱に設置

Copyright (C) 2017 Shin-ichi Tamura Architects,Inc.All rights reserved.