兵庫を拠点として活動する一級建築士事務所です。

田村真一建築設計事務所

Shin-ichi Tamura Architects

耐震性能の向上

1.木造住宅の構法と構造特性(伝統構法・在来構法)

同じ木造でも構法(工法)の違いによって建物の構造特性は大きく異なります。

・伝統構法(伝統工法)…伝統的な軸組構法。土壁や貫が主要な耐震要素。耐力は小さいが変形能力の大きい軸組。

・在来構法(在来工法)…伝統構法を簡略化・発展させた筋かいや金物を使った構法。耐力は大きいが変形能力は小さい軸組。

伝統構法の基礎

(礎石立て)

伝統構法の壁

(土壁)

構法別の耐震性能イメージ

2.構造特性に適した耐震補強を行う

在来構法を想定した一般的な耐震補強方法では、伝統構法の住宅を補強するために大量の壁を増やしたり、建物を持ち上げて布基礎を新設するなど大掛かりな補強工事が必要となります。そうなると工事費が膨らみ、内部空間の魅力も損なわれることが多いです。限界耐力計算による設計法は、変形能力を評価でき、ねばり強く揺れてもなかなか倒壊しない伝統構法の構造特性に適しています。そのため伝統構法の住宅の耐震補強を、効果的に行うことが可能です。

一般的な耐震補強方法

(保有耐力診断法)

限界耐力計算による

耐震補強方法

伝統構法

指標:変形

在来構法

指標:耐力

適した構法

適した構法

3.限界耐力計算による設計法を使った耐震補強

加古川の家の主な耐震補強

・荒壁パネル…土壁と似た特性を持ち、振動エネルギーを吸収する

・格子壁…開放性を保ちつつ、振動エネルギーを吸収する

・筋交い…小屋裏に設置し、耐力を確保する

・耐震リング…床下に設置し、振動エネルギーを吸収するダンパー

荒壁パネル

格子壁

筋交い

耐震リング

Copyright (C) 2017 Shin-ichi Tamura Architects,Inc.All rights reserved.